2115
1847
HOME » 不動産売買査定会社一覧 » アパマンショップ不動産販売に売却!評判や仲介手数料などを宅建士資格者が解説!
※この記事は約8分で読めます。

アパマンショップ不動産販売に売却!評判や仲介手数料などを宅建士資格者が解説!

アパマンショップ不動産販売に売却!評判や仲介手数料などを宅建士資格者が解説!
アパマンショップといえば、不動産賃貸の仲介をイメージする方が多いと思います。しかし、賃貸仲介だけではありません。 不動産販売業務のサービスも提供しているのです。かなり専門的なサービスのようなので、その評判や仲介手数料などについて解説しましょう。

アパマンショップと他の人気査定サービスを一括で比較できるサービスがあるんです


アパマンショップほか、数十社と比較して簡単にwebで一括査定できるサービス、イエイが人気です。
イエイ紹介ページへ

1.まず賃貸に特化したアパマンショップネットワークからスタート

不動産賃貸の仲介で高いブランド力を持つアパマンショップ。


テレビCMでもおなじみでしょう。その歴史は、1999年にアパマンショップネットワーク設立後、 フランチャイズ方式により加盟店を増やし、その数は全国で1,000店舗を超えています。

主要な駅前には店舗を有するなど、不動産賃貸に関しては他社を圧倒する実績を持ち、 さらにフランチャイズ方式で運営されているため個々の企業としての特色も持ち、 全国規模でありながら地域にも密着したサービスが提供されています。

アパマンショップでは、不動産投資やリフォームといった不動産関連サービスも幅広く提供されています。 アパマンショップ不動産販売も関連サービスのひとつであり、 2007年から不動産売買についてのサービスをフランチャイズ方式で展開しているのです。

不動産の賃貸に関する仲介や管理における実績を活かしたサービスを不動産売買に活用しているのがアパマンショップ不動産販売です。 アパマンショップが養った賃貸住宅に対するノウハウを不動産投資に活かしています。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2.賃貸住宅と不動産投資との関係

なぜ賃貸住宅の実績が不動産投資に活きるのでしょうか?


そこで、そもそも不動産投資とはどのようなものなのかについて説明しましょう。

2-1.売却益による不動産投資
ひと口に不動産投資といっても、その種類にはさまざまなものがあります。 たとえば、バブルの時期は、土地や建物の売買をくり返すことで、収益を得ることができました。 つまり、「土地ころがし」によるキャピタルゲインによる収益です。

キャピタルゲインとは、具体的には、3,000万円で購入した土地を3,100万円で売却できれば、100万円の収益を得ることができます。 このような土地の値上がりによる収益をキャピタルゲインというのです。

バブル時代には、土地が高騰していたために、土地とは必ず値が上がる投資物件だと信じられていました。 日本全国で土地が売買され、その都度、土地の値が上昇するという状況が続きました。

しかし、バブルがはじけてからは、土地が大きく値上がりすることはないでしょう。 キャピタルゲインによる収益は下降の一途をたどります。もはや、「土地ころがし」というコトバすら死語と化しているようです。

2-2.家賃収入による不動産投資
そこで、不動産投資として注目されているのが、インカムゲインとしての収益になります。 インカムゲインとは、賃貸物件の家賃収入による収益のことです。たとえば、アパートの大家さんは毎月一定の家賃を得ています。

キャピタルゲインのように不動産が上昇しなくても、入居者が暮らしている限り安定した収益を得ることができるのです。 インカムゲインは不動産の値上がりが期待できないときには、有効な不動産投資といえます。

2-3.マンションの一室による不動産投資
家賃収入を得るためには、必ずしも一棟のアパートが必要なわけではないのです。 たとえば、分譲マンションの一室を購入し、収益物件として賃貸するという方も少なくありません。家賃を住宅ローンの支払にあてるのです。

自費を支払うことなく、将来的にはマンションが手に入り、老後の不労所得が得られるという可能性があります。 中にはこのサイクルをくり返し収益を確保している方もおられるようです。

2-4.共同オーナーによる不動産投資
不動産投資はしたいが、賃貸物件を購入するような資金がないという方には、小口で不動産投資ができる方法もありあます。 たとえば、共同オーナーとして不動産に投資することで少ない資金でも収益を得ることができるのです。

具体的には、不動産会社主導で購入希望者を集めるのです。 たとえば1億円の収益物件であれば100口に分ければ、ひと口100万円で購入できることになります。 つまり、不動産投資イコール多額の資金が必要というわけではありません。

2-5.有価証券による不動産投資
不動産を有価証券化して投資家からの資金により収益物件を購入し、発生した家賃などの運用益を配当として分配するシステムもあります。 たとえば、不動産投資信託と呼ばれるものが該当するのです。

3.不動産投資のセールスポイント

不動産投資を始める理由はどこにあるのでしょうか?たとえば、投資といえば株式の購入などがあります。


一攫千金を狙うのであれば有効な投資手段でしょう。そこで、他の投資に比べて不動産投資が選ばれる理由をご紹介します。

3-1.比較的リスクが少ない
一般的に株式のような投資は、ハイリスク・ハイリターンといわれます。つまり、利益も大きいが、 損失も大きいということです。ところが、不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンまたはローリスク・ローリターンといわれています。

なぜなら、投資する商品が株式のような紙ではなく不動産という物になるからです。 つまり、投資の状況がかんばしくない場合であれば、商品である不動産を売却することで損失を最小限に押えることができるからです。 比較的安心して投資することができるということになるでしょう。

3-2.不労所得が得られる
働かなくても毎月決まった額の収入を得ることができるのです。本業以外にプラスアルファーとして得ることのできる収入があるのはありがたいことでしょう。 さらに、賃貸物件の規模が大きければ働く必要もなくなります。

3-3.老後の生活費として見込める
いつまでも働くわけにはいきません。老後の生活費は年金で補うのが一般的です。しかし、金額として多くは期待できないでしょう。 そこで、年金の額をカバーするための家賃収入があれば心強いと思いませんか?

3-4.生命保険代わりになる
賃貸物件の所有者が亡くなったとしても、遺族に収益物件を残すことができます。 賃貸物件として、そのまま収益することも、売却により現金化することも可能でしょう。残った家族に生命保険の代わりに残すことができるのです。

なお、生命保険の場合は、亡くなってからしか給付を手にすることができませんが、家賃収入なら亡くなる前から収益を得ることができます。 やはり、生きている間からメリットは受けるほうがお得でしょう。

3-5.相続時の節税効果が大きい
現金を相続すると多額の相続税を納付しなければなりません。しかし、賃貸物件として相続することで節税できます。 土地・建物ともに評価減ができるため遺族の相続税負担を軽減できます。

3-6.インフレに対応できる
たとえば、現金で所有していると、インフレになれば現金の価値が下がります。 ところが、不動産で所有していれば、インフレになっても不動産の売却時に不動産自体の価値も上がるので対応できるのです。

アパマンショップと他の人気査定サービスを一括で比較できるサービスがあるんです


アパマンショップほか、数十社と比較して簡単にwebで一括査定できるサービス、イエイが人気です。
イエイ紹介ページへ

4.アパマンショップ不動産販売のサービス

アパマンショップ不動産販売とは、不動産投資や不動産の購入に力を入れて運営しているのです。


あくまで、サービスの提供元がフランチャイズに加盟している企業のため、個々の企業によりサービスの提供の仕方は異なります。

加盟している企業によりサービスは異なりますが、フランチャイズ店で提供されている代表的なサービスについてご紹介しましょう。

4-1.アパマンショップ不動産販売独自の査定システム
アパマンショップ不動産販売独自の査定システムを導入しています。 たとえば、売却する場合と収益物件として賃貸する場合を比較することができます。 アパマンショップの賃貸管理の実績を前面に押し出した査定システムです。

たとえば、売却の目的が転勤などのケースであれば、いずれ戻ることがあるかもしれません。 売却するよりも賃貸物件として収益を考えたほうが現実的でしょう。 また、売却と賃貸のどちらを選択するかを迷っているような場合にも効果的な査定です。

査定内容としては、
売却の場合には、売却代金・仲介手数料・収入印紙・抵当権抹消時の登記費用・所得税について査定します。
賃貸の場合には、家賃・更新料・礼金・仲介手数料・退去時の修繕費用・管理手数料・固定資産税・都市計画税・マンションの場合は管理費や 修繕積立金についても査定します。

売却の場合と賃貸の場合について、同時に査定することで比較検討することができます。 個々の状況に応じたプランニングを提供するのです。また、売却と貸借の両面での同時募集をすることもできるので、 どちらにしようか決めかねたときにも対応できます。

4-2.賃貸物件の売却サービス
収益物件とは自宅とは異なり、所有していても邪魔になるものではありません。 入居者がいれば、安定して家賃収入を得ることができるからです。 しかし、相続のため収益物件を相続人で分割する必要が生じた場合や急に資金が必要になった場合には売却を検討しなければならないでしょう。

しかし、いざ賃貸物件を売却しようと判断しても、賃貸物件の売却というものは、簡単ではありません。 なぜなら、賃貸物件を専門に取引する不動産会社は思いのほか少ないからです。 実際のところ賃貸物件の売却は取引経験が少ないと難しい問題があります。

そこで、アパマンショップ不動産販売では、売買部門と賃貸管理部門が協力することで、賃貸物件の取引に特化しています。 実績のある賃貸管理部門が賃貸管理のノウハウを売買部門に提供することで賃貸物件の売却サービスに活かしているのです。

・賃貸物件の売却が難しい理由は?
売却時における、一般の物件と賃貸物件との大きな違いは、賃貸物件には入居している方がいるということです。 つまり、一般的に賃貸物件を売却するときには、入居者がいる状態でアパートや賃貸マンションといった物件を売却することになります。

賃貸物件を購入する側にとっても、入居中の物件のほうが、あらためて入居募集をする必要が無いので売却の条件としては悪くはありません。 しかし、購入してリフォームを検討しているような場合であれば、入居者に退去してもらわなければならないでしょう。

この、退去が賃貸物件の売却を困難にしている理由になります。なぜなら、賃貸物件には「借地借家法」という法律が適用されるからです。 この法律に対応するには、賃貸管理についての深い知識や経験がなければ対応できません。

・借地借家法とは借主を保護する法律
借地借家法とは、不動産を賃貸するときに適用される法律です。借地借家法が制定される前は、「民法の賃貸借」という規定が適用されていました。 しかし、民法というのは契約の当事者である貸主と借主が対等であるという前提で作られているので現実的ではありません。

なぜなら、借主が不動産を所有している貸主と対等とはいいがたいからです。実際には借主のほうが不利になる契約が頻繁に発生していました。 そこで、借地借家法という法律により、借主を保護することにしたのです。

この法律のために、借主は有利に取引することができるようになりました。 しかし、当然のこと、貸主からみると大きなプレッシャーのかかる取引になります。つまり、賃貸物件の借主を徹底的に保護しているのです。

借地借家法の影響で、たとえば、賃貸物件から立ち退いてもらうためには、立ち退き料の支払いが必要になるなどの対応が必要になります。 さらに、家賃を滞納している借主でさえ、直ちに退去させることができません。

家賃滞納者に対しては、未払い家賃を免除するなどの対応が必要になり、またケースによっては、引っ越し料などの支払いも必要になります。 このような徹底した買主保護に対応するためには、豊富な取引実績がないと難しいのです。

したがって、賃貸物件の管理に特化してきたといえるアパマンショップで蓄積してきた賃貸管理に関するエキスパートの知恵が必要になります。 さまざまな入居者についての対処方法は、取引経験なくして対応することが困難といえるからです。

4-3.全国に広がるネットワークで対応
全国を網羅するアパマンショップネットワークによりフォローしています。 投資物件の購入から賃貸管理までをワンストップサービスで提供できるのです。ダブル査定により売却の場合も貸借の場合も対応できます。

4-4.買い取りサービスを提供
買い取りサービスを受けることで、一般の仲介契約を依頼するよりもメリットがある場合があります。 では、買い取りサービスのメリットについてご紹介しましょう。

・売却成立までが早い
買い取りサービスとは、売却を希望する物件をアパマンショップ不動産販売が直接買い取るサービスです。 仲介による売却の場合、購入希望の相手方を探す必要があるので、すぐに売却できるとは限りません。 特に賃貸物件のような売却の難しい物件であればなおさらのことです。

しかし、買い取りサービスであれば、アパマンショップ不動産販売が買い取るため、 独自の情報網により調査することで調査完了後売却価格を提示することができます。早ければ翌日に提示できるケースもあります。

・瑕疵担保責任を負わない
また、売買契約には、売主が「瑕疵担保責任」を負わなければならないケースがあります。 瑕疵担保責任とは、売買契約の目的物(土地や建物)に契約を結んだとき既に欠陥があったような場合、 売主が買主に対して責任を負わなければならないという制度です。

たとえば、売買契約の前から雨漏りやシロアリの被害があれば、売却後であっても売主が修復しなければならないのです。 しかし、買い取りサービスを利用することで、売主が瑕疵担保責任を覆う必要がなくなります。

・仲介手数料が必要ない
不動産会社に仲介を依頼すると仲介手数料を支払わなければなりません。 仲介とは、不動産会社に売却の仲介を依頼した場合には、依頼主に対して購入希望者を紹介してくれるシステムです。

仲介手数料は、法律により不動産会社が依頼者から受領することのできる上限額が決まっています。なお、上限額は売却代金に応じて次のようになります。

売却代金の額が上限の計算式は
200万円以下であれば代金の額×5%になります
200万円超400万円以下であれば代金の額×4%+2万円になります
400万円超であれば代金の額×3%+6万円になります

(上記の計算による金額に消費税を加算します)

アパマンショップ不動産販売では、原則として上記による法律で定めた上限額を仲介手数料として受領しているようです。

たとえば、売却代金が5,000万円の物件であれば、仲介手数料は「5,000万円×3%+6万円」に消費税を加算した額になります。 つまり、仲介手数料として156万円に消費税を加算した額を支払わなければなりません。

ところが、買い取りサービスを使用すると、アパマンショップ不動産販売が直接買い取るので、売却について仲介することにはなりません。 したがって、仲介手数料を支払う必要がないのです。

5.アパマンショップ不動産販売で売却する場合の具体的な流れ

アパマンショップ不動産販売のフランチャイズ店に売却を依頼するときの具体的な流れについてご紹介します。


5-1.査定を依頼して売却相談を受ける
物件の売却を希望するときは、いくらくらいで売れるのかという物件価格を知る必要があります。 なぜなら、不動産の売買については、高値での売却を希望するでしょう。そのためには、物件の正確な価値を知らなければならないからです。

正確な価値を知ることで、その価値にいくらくらいの上乗せができるかという戦略を立てることができるのです。 また、アパマンショップ不動産販売では、概算の価格を知りたい場合には、データのみで簡易的に査定することもできるので参考になるでしょう。

詳細な物件の価格を知りたい場合には、物件に対して現地調査や役所調査により詳しく価格を査定します。

売却するべきか賃貸するべきかの迷いがある場合には、売買の査定と賃貸の査定により比較することができます。 実績のある賃貸管理における実績から導いた査定結果を提供しているのです。

買い取りについての相談にも対応します。不動産会社に売却することを希望する方や早期の現金化を希望する方には、 アパマンショップ不動産販売が直接買い取る場合の買い取り額を査定します。

5-2.調査をして査定する
査定額を提示することは、不動産取引について最も重要なポイントになります。 そのために、いくらで売れるのかという物件の価値を実績のあるプロの目で確認するのです。 査定の内容は物件ごとに詳細な判断基準を設けています。

同じ地域に所在する物件でも、土地の形や向き・面積などで価格は異なります。 同じマンションでも階数や間取りなどで価格は異なるのです。 価格査定は立地や建物の状態で左右されるので物件個々に応じた査定をしなければなりません。

不動産市場にも旬があるのです。つまり、同じ物件でも取り引きする時期が変われば、価格が変わる場合があります。 不動産の価格を査定するときは、取引時期にも注意しなければなりません。

5-3.売り出し価格と販売方法を提案する
価格査定として提案するのは、おおよそ3カ月程度で売却することのできる価格になります。 また、依頼者の希望や市場の動向も加味した売り出し価格を提案します。 なお、不動産を売却すると代金を手にすることができるのですが、その中から売却費用を差し引いた額が手取り額になるので注意が必要です。

アパマンショップ不動産販売では、無料税務相談を受け付けます。 税金に関するエキスパートである税理士によるアドバイスや法律問題に関しては提携している弁護士のアドバイスも受けることが可能です。

6.アパマンショップ不動産販売の評判

口コミや評判からアパマンショップ不動産販売の評価を確認してみると、評価の良し悪しは、 アパマンショップに加盟しているフランチャイズ店に寄って異なるようです。 もともと、地域に密着した企業がアパマンショップの看板を背負って営業しているというスタイルが影響しているのでしょう。

一般的には、やはり不動産投資としての賃貸経営に力を入れています。 アパマンショップのスタート時の目的である不動産賃貸についての実績から賃貸管理の強みを不動産投資に結び付けています。

売却の相談や査定のときから、売却と貸借を平行してアドバイスすることで、不動産投資の可能性を選択肢のひとつとしているのです。 これから不動産投資を始めたいという方にとって、アパマンショップ不動産販売賃貸管理は、豊富なデータが揃えられた会社といえるでしょう。

また、税務相談や法律相談を無料で受けることができるのもメリットです。 特に不動産投資を検討している方にとっては、税金や法律問題は避けては通れません。 有効に活用することで、不動産投資の道筋が見えてくるでしょう。

フランチャイズ店の多いところも評価されています。主要な駅前には看板を見かけるということです。 1,000店舗を超える圧倒的な店舗数によるものでしょう。また、店舗自体についても明るい印象を持つ方が少なくありません。

アパマンショップ不動産販売は、不動産賃貸のエキスパートとして養ってきた知識や経験を不動産投資に活かす運営手法を講じているといえます。 物件数も豊富なので、実際に投資物件を探す場合にも適しているようです。


アパマンショップ不動産販売のサービスの特徴について解説しました。

不動産投資に特化した珍しい形の不動産会社といえそうです。不動産投資に興味のある方であれば、一度相談に行くことで不動産投資のノウハウを学ぶことができるでしょう。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。


2115
1847

HOME » 不動産売買査定会社一覧 » アパマンショップ不動産販売に売却!評判や仲介手数料などを宅建士資格者が解説!
※この記事は約8分で読めます。




人気記事
  • コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析!
    コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! 株式会社コ... 1,890ビュー
  • ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析! ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析!
    ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析! ... 1,867ビュー
  • エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析!
    エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! 「日本エスリード株式... 1,715ビュー
  • 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析! 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析!
    東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析! ... 1,684ビュー
  • ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析! ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析! ... 1,253ビュー
  • 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介
    積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介 ... 1,178ビュー
  • オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説! オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説!
    オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士資格者が解説! オークラ... 839ビュー
  • カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析! カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析!
    カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析! 家を売りたいとき、一... 673ビュー
  • おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説! おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説!
    おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説... 640ビュー
  • 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える
    大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士資格者と考える ... 632ビュー
  • ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析! ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析!
    ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析! 兵庫・大阪エ... 585ビュー
  • 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんという... 578ビュー
  • 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説
    住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士資格者が解説 マンションを購... 548ビュー
  • ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説! ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説!
    ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説! 中古住宅の売却に注視して、不... 544ビュー
  • 三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析! 三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析!
    三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析! 銀行系の三井住... 489ビュー
  • 最新記事
  • 野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析!
    野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析! 「野村不動産アーバン 2017/9/22
  • ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析!
    ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析! 兵庫・大阪エリア 2017/8/21
  • ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析!
    ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析! 埼玉と東京を中心と 2017/8/18
  • 日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析!
    日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析! 大和ハウ 2017/8/7
  • 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんという不動 2017/7/28