2114
1847
HOME » 物件に関する情報 » 分譲マンションの売却相場と2017年以降の動向を宅建士資格者が予測!
※この記事は約3分で読めます。

分譲マンションの売却相場と2017年以降の動向を宅建士資格者が予測!

宅建士資格者が2017年以降の動向を予測!分譲マンションの売却相場!
分譲マンションを売却するときに、マンションの相場とは、何で調べるのが信頼できるのでしょうか?そして、現在の相場が、今後、上がるのか下がるのかについても関心があるところです。

1.マンション相場の調べ方

不動産を売却するときには、不動産業者に相談するのが一般的でしょう。不動産業者の査定により価格が提示されるからです。


しかし、信頼できる不動産業者であればよいのですが、初めて取引する相手をどこまで信用することができるのでしょうか?
不動産業者に相談する前に、ある程度の相場をおさえておいたほうが、その後の交渉もしやすいはずです。また、不動産業者にしても、ある提訴の知識がある客だと思えば、対応も違ってくるでしょう。
たとえば、分譲マンションを売却するときの相場を調べるのはどうすればよいのでしょうか?新聞のチラシや不動産情報誌でも調べられるのですが、情報の量が少ないようにも思えます。
最近は、インターネットにさまざまな情報があふれています。不動産情報についてもインターネットで検索すれば山ほどの情報がでてくるでしょう。検索するときのポイントは、信頼できる情報と信頼できない情報を見分けることです。そこで、信頼できる不動産の売却相場を調べることのできるサイトをご紹介します。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2.分譲マンションなどの不動産の売却相場を調べることのできるサイト

公的なサイトに信頼を感じる方が多いと思います。そこで、レインズ(※)という国土交通大臣が指定している不動産流通機構の運営している不動産流通標準情報システムをご紹介しましょう。


(※)レインズとは、宅地建物取引業法において、専任媒介契約を結ぶときに必ず指定流通機構(レインズ)の情報ネットワークに登録しなければならないと定めています。
専任媒介契約とは、仲介を依頼するときに他の不動産業者には依頼しないことを約束する契約になります。つまり、不動産業者の拘束力が強いため、取引の相手方を速く見つけるために法律で規制を強めているのです。
「レインズ マーケット インフォメーション」では、全国指定流通機構連絡協議会という組織が持つ、実際に行われた取引での成約価格の情報を検索することができるのです。
その情報の範囲は、全国を(公財)東日本不動産流通機構・(公社)中部圏不動産流通機構・(公社)近畿圏不動産流通機構・(公社)西日本不動産流通機構という4つの組織に分担させ管理しているので情報量の多さや信頼性にかけては満足のいくものでしょう。

3.相場を知ることの意味

相場を知ることで防げるトラブルについてご紹介しましょう。


・契約を狙う不動産業者にだまされないために
不動産を売却するときには、複数の不動産会社に価格査定をさせ、そのなかから仲介契約をする不動産業者を探すというのが一般的でしょう。しかし、なかには仲介契約を取りたいがために相場よりも高く設定した価格査定を提示する不動産業者があるのです。
売る側としては、少しでも高く売ってもらえるほうがありがたいので、不動産業者の良し悪しを見極める前に、単に高い査定を示した不動産業者と契約してしまうのです。査定額が高くてもその価格で売れるとは限りません。
おおよその相場をおさえておけば、「相場よりもずいぶん高いと思うのだが、その理由を聞かせてくれないか。」と確認することもできます。その理由に納得できれば契約すればよいのです。

・買取りを狙う不動産業者にだまされないために
不動産買取りというシステムがあります。不動産業者が仲介をせずに物件を直接買い取るシステムです。この場合、物件の価格が市場価格の6割程度まで下がってしまうことがあるといわれています。
たとえば、ひとつの不動産業者のみに相談していたとして、その不動産業者が「この物件は2,000万円でも売るのは難しいでしょう。しかし、今なら、当社はこの地域に力を入れていますので、買い取る方向で進められますが…。」といわれたらどうします?2,000万円で売ってしまうかもしれません。不動産業者にすれば、仲介手数料よりも売買による利益のほうが大きいのです。
実は、市場価格3,000万円程度の物件を2,000万円で買い叩かれてしまうのです。これも、相場さえおさえておけば避けられたでしょう。

4.2017年以降の動向は?

では、今の相場についてはわかったとして、今後どのような動きになるのでしょうか?物件を売りたい人や買いたい人にとっては一番の関心ごとですね。今、売買したほうがよいのか、しばらく持ったほうがよいのか…?


・取引からの予測
現在、首都圏や近畿圏での新築マンションについては、高値で取引されているようです。ただし、注意したい点として、価格としては一般的なサラリーマンには手が出ないケースも多く、契約率でみると下がっています。需要が中古マンションに流れる傾向にあるとのことです。
契約率が下がれば、いずれは価格も下がるはずなので新築マンションの相場についていえば、価格を下げなければ売れないということになるのではないでしょうか?

・金利からの予測
分譲マンションの売れ行きに大きくかかわるものが住宅ローンの金利です。金利が低ければマンションを購入しやすくなり、高ければ購入しにくくなります。住宅ローンとは、25年や35年という長い期間の支払になるので、わずかな金利の差でも支払期間トータルで計算すると大きな金額になるからです。
金利が下がれば少々高くても売れるので相場は下がりにくいのですが、今以上に金利がさがるとも思えません。金利からみると相場的には横ばいかやや下がるような気がします。

・オリンピックの影響からの予測
今後の不動産の動向を語るときに避けては通れない2020年の東京オリンピックですが、オリンピック前後に大きく相場の下落があるといわれています。うわさが流れるだけで既に下落は始まっているのです。
なせなら、マンションの値が下がる前に売ってしまおうという人がたくさん出てくれば、市場は売りたいマンションで溢れかえります。つまり、需要と供給のバランスが崩れるのです。買いたい人を売りたい人が大きく上回れば、叩き売り状態になるかもしれません。当然価格は下がるのです。

・つまり
どうやら、分譲マンションを含めた不動産景気も今がピークではないでしょうか?マンション相場も今以上に上がることはないような気がします。それに、そもそも売るつもりの物件を持っているということは、毎年、固定資産税という損を確実に積み重ねていることを忘れてはいけません。
最終的な判断は、やはり自己責任ということになりますので…。

マンションの相場の調べ方も便利になったものです。あちこち足を運ばなくても自宅でマウスをクリックするだけ調べられるのですから。また、今後の動向については、あくまで予想に過ぎません。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。


2114
1847



人気記事
  • ライオンズマンションの中古売却の評判、資産価値は高い?? ライオンズマンションの中古売却の評判、資産価値は高い??
    ライオンズマンションの中古売却の評判、資産価値は高い?? ライオンズマンショ... 4,537ビュー
  • 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説!
    日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 「限界集落」とい... 2,582ビュー
  • コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析!
    コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! 株式会社コ... 1,742ビュー
  • 築50年の古いマンションは売れるのか?FPが売却時の注意点を解説! 築50年の古いマンションは売れるのか?FPが売却時の注意点を解説!
    築50年の古いマンションは売れるのか?FPが売却時の注意点を解説! ... 1,342ビュー
  • 店舗付き住宅の中古は売れる?評価や売り方を宅建士資格者が解説! 店舗付き住宅の中古は売れる?評価や売り方を宅建士資格者が解説!
    店舗付き住宅の中古は売れる?評価や売り方を宅建士資格者が解説! 店... 918ビュー
  • マンションの資産価値を決める要素別ランキング~宅建士資格者が解説! マンションの資産価値を決める要素別ランキング~宅建士資格者が解説!
    マンションの資産価値を決める要素別ランキング~宅建士資格者が解説! マンショ... 400ビュー
  • 家の取り壊し費用建て替えの場合や更地にしたい場合の相場を宅建士が解説! 家の取り壊し費用建て替えの場合や更地にしたい場合の相場を宅建士が解説!
    家の取り壊し費用建て替えの場合や更地にしたい場合の相場を宅建士が解説! 注文... 245ビュー
  • 空き家対策特別措置法とは?3000万円の補助金の申請、口コミを宅建士が分析! 空き家対策特別措置法とは?3000万円の補助金の申請、口コミを宅建士が分析!
    空き家対策特別措置法とは?3000万円の補助金の申請、口コミを宅建士が分析! ... 239ビュー
  • アパート買取業者を選ぶ時、比較するポイントや注意点、宅建士資格者が教えます! アパート買取業者を選ぶ時、比較するポイントや注意点、宅建士資格者が教えます!
    アパート買取業者を選ぶ時、比較するポイントや注意点、宅建士資格者が教えます! ... 93ビュー
  • タワーマンションは高く売れる?失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ タワーマンションは高く売れる?失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ
    タワーマンションは高く売れる失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ 憧れ... 90ビュー
  • アパート売却時の税金、消費税対策する方法を宅建士資格者が解説! アパート売却時の税金、消費税対策する方法を宅建士資格者が解説!
    アパート売却時の税金、消費税対策する方法を宅建士資格者が解説! アパート... 55ビュー
  • 売却する?賃貸する?民泊という新しい手段のデメリットや評判を宅建士が解説! 売却する?賃貸する?民泊という新しい手段のデメリットや評判を宅建士が解説!
    売却する?賃貸する?民泊という新しい手段のデメリットや評判を宅建士が解説! ... 52ビュー
  • 一軒家 購入する際に注意すべき点はシミュレーションすべき点を宅建士資格者が解説! 一軒家 購入する際に注意すべき点はシミュレーションすべき点を宅建士資格者が解説!
    一軒家 購入する際に注意すべき点はシミュレーションすべき点を宅建士資格者が解説!... 48ビュー
  • パークシティlala横浜の1棟が傾く?掲示板も大騒ぎ!賃貸状況など パークシティlala横浜の1棟が傾く?掲示板も大騒ぎ!賃貸状況など
    パークシティlala横浜の1棟が傾く?掲示板も大騒ぎ!賃貸状況など 最近は... 26ビュー
  • 中古一戸建ての買い取り、どんな不動産業者を選ぶべき?高く売るコツをFPが解説! 中古一戸建ての買い取り、どんな不動産業者を選ぶべき?高く売るコツをFPが解説!
    中古一戸建ての買い取り、どんな不動産業者を選ぶべき?高く売るコツをFPが解説! ... 13ビュー
  • 最新記事
  • タワーマンションは高く売れる?失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ
    タワーマンションは高く売れる失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ 憧れのタ 2017/7/31
  • 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説!
    日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 「限界集落」という言 2017/6/28
  • アパート売却時の税金、消費税対策する方法を宅建士資格者が解説!
    アパート売却時の税金、消費税対策する方法を宅建士資格者が解説! アパートなどで不 2017/6/27
  • 売却する?賃貸する?民泊という新しい手段のデメリットや評判を宅建士が解説!
    売却する?賃貸する?民泊という新しい手段のデメリットや評判を宅建士が解説! 民泊 2017/6/26
  • 家の取り壊し費用建て替えの場合や更地にしたい場合の相場を宅建士が解説!
    家の取り壊し費用建て替えの場合や更地にしたい場合の相場を宅建士が解説! 注文建築 2017/6/20