2114
1847
HOME » 不動産に関する知識 » 中古住宅の値引きするタイミングは?不動産売却時の値下げ交渉への宅建士資格者の見解!
※この記事は約3分で読めます。

中古住宅の値引きするタイミングは?不動産売却時の値下げ交渉への宅建士資格者の見解!

売却価格がいくらになるのかはとても重要なポイント!
家の売却を考えるとき、売却価格がいくらになるのかは、とても重要なポイントになります。その後の新居購入の資金になったり、生活のための貯えになったりするからです。できる限り高く売るためにはどうすればよいのでしょうか?

1.庶民感覚を忘れないように

少しでも高く売却する方法について説明します


売る側が高く売りたいと思うのと同様に、買う側は安く買いたいと思っています。そこで、あなたの不動産の価格についての攻防が始まるのです。どのように対策を練れば、少しでも高く売却することができるのかについて説明します。
たとえば、5,100万円の家が5,000万円で売れたとしたら、感覚的には、「100万円くらいは仕方ないかな…」と思うでしょう。しかし、住み替えが終わって一段落してから、預金通帳に100万円あるのとないのとでは、とても大きな違いになりませんか?
不動産取引とは大きなお金が動くため、ついつい気が大きくなってしまうのですが、その後の生活を考えるのであれば、100万円はおろか10万円でも大切にしなければならないでしょう。スーパーで買い物をするときの節約を思い出してください。
不動産売却のときに、もっとも重要なポイントは、庶民感覚を忘れないことです。取引の金額が大きくなると金銭感覚が麻痺してくるので注意が必要になります。後で、「しまった」とならないためにもキモに命じておきましょう。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2.不動産売却に欠かすことのできない相場の知識

良い取引をする為には相場を知ることです


当たり前のことですが、大切なのは相場を知ることです。自分の家と同じような家がいくらくらいで取引されているのかを確認することから始めなくてはいけません。相場も知らずによい取引などできるわけがないと思いませんか?
相場を知ることにより、「相場より高く売れれば得をした」「相場より安く売れれば損をした」という基準が明確になるからです。相場を知らずに不動産会社の言うなりの価格で売却をしても得をしたのか損をしたのかもわからないでしょう。
しかし、どうすれば相場を知ることができるのでしょうか?そこで、効率よくあなたの不動産の相場を調べることのできる方法をご紹介します。
不動産の相場を調べる方法
・インターネットの不動産サイトを検索する
インターネットを活用して相場を調べるのであれば、「レインズ マーケット インフォメーション」という、宅地建物取引業法で、登録機関として指定されているレインズ(指定流通機構)が運営するサイトを利用すればよいでしょう。
レインズ マーケット インフォメーションは、全国指定流通機構連絡協議会という組織による、不動産の実売価格の情報を検索することができるのです。公的な機関としての信頼性や情報量としては納得できるものでしょう。
・一括査定サイトに申し込む
一般的に不動産を売却するときには、まず、不動産の売り出し価格を調べるために不動産会社に相談するでしょう。しかし、ひとつの不動産会社だけに相談したのでは信頼性に欠けます。そこで、複数の不動産会社と相談することになるのです。
しかし、優良な不動産会社を探したり足を運んだりするのは、手間や時間が必要です。そこで、最近は、インターネットで簡単に複数の優良な不動産会社を紹介してくれるシステムが増えてきています。
インターネットで一括査定サイトを検索することにより、無料で5社から6社の不動産会社を紹介してくれるので価格査定をしてもらいます。複数の不動産会社の価格査定を比較することで、おおよその相場を知ることができるのです。
また、その後の仲介契約も価格査定をしてくれた不動産会社のなかから選べるのです。相談を通じて信頼できそうな不動産会社を選んで契約することで、売却がスムーズに進むでしょう。

3.売り出し価格はこうして決めよう

売り出し価格を決めるポイントとは何なんでしょう?


売主は高く売りたく買主は安く買いたいものです。当たり前のことなのですが、ここに売り出し価格を決めるポイントがあります。不動産取引では値引き交渉がされるのが一般的とされています。
つまり、あなたが売りたい額で売りだせば、そこから値引きされるので、あなたの希望額よりも安く売却することになるのです。スーパーでの買い物でコツコツとやりくりした金額が吹っ飛んでしまいます。
そこで、最初の売り出し価格は、あなたの希望額よりも高く設定することを念頭においてください。金額でいうと3,000万円くらいの不動産であれば100万円から200万円くらいです。たとえば、3,000万円での売却を希望しているのであれば、3,100万円から3,200万円くらいで売り出しましょう。
少々高めに設定した売り出し価格でしばらく様子を見てください。不動産会社では、問い合わせ数などをネットで確認することができるので、問い合わせがあるようであれば、しばらくの間は値引きをする必要はありません。
問い合わせがないようであれば、そこで値下げの時期を考えることになります。早く売りたい方もいれば、売り急ぎはせずにじっくり待てる方もいるでしょう。状況により期間はかわるのですが、一般的な期間でいえば2カ月から3カ月が目処になります。
売り出しの時期にも注意してください。不動産の取引が活性化する時期があるのです。たとえば、1月から3月にかけては不動産取引が活発化する時期といわれます。つまり、その前の売出しであれば繁忙期まで待つという手もあるのです。

4.不動産会社とのかかわり方

注意しておかなければならないことをご紹介します


当然、これまでの説明は、不動産会社の担当者と相談しながら進めるべきなのですが、不動産会社とのかかわり方で注意しておかなければならないことをご紹介します。
・不動産会社は早く売りたがる
不動産会社も商売なので、自社の利益を優先します。仲介をしても解約が成立しなければ報酬を受け取ることはできません。会社は、だらだらと広告などの費用を支払い続けるのを嫌います。つまり、早く売りたいのです。あまり、早くに値下げを提案してくる不動産会社は気をつけてください。
・不動産会社に売値の最低ラインは伝えないほうがよい
たとえば、3,000万円で売りたいが最悪2,800万円であれば手を打とう思っていても、その金額は心にしまっておいたほうがよいでしょう。なぜなら、その金額を担当者に話すと、担当者によってはその金額で話をまとめようとするかもしれないからです。
担当者にすれば、金額が安ければ安いにこしたことはありません。価格が安ければ買主側との交渉を楽に進めることができ、取引を早く終わらせることができるからです。希望額は3,000万円と伝えておくほうが賢明でしょう。

5.まとめ

事前の準備を練る必要がありそうですね


後悔とは、すべてが終わってから始まるものです。後で悔やんでもどうすることもできません。一般の方が不動産のような高価な商品の取引をすることは、めったにないはずです。事前にできる限りの対策を練ってから望んでください。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。


2114
1847

HOME » 不動産に関する知識 » 中古住宅の値引きするタイミングは?不動産売却時の値下げ交渉への宅建士資格者の見解!
※この記事は約3分で読めます。




人気記事
  • 地上げ屋とは?宅建士が解説!対策方法はある? 地上げ屋とは?宅建士が解説!対策方法はある?
    地上げ屋とは?宅建士資格者が解説!対策方法はある? 「地上げ屋」というコトバ... 5,634ビュー
  • 既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説! 既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説!
    既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説! 既存住宅瑕疵保険... 5,546ビュー
  • 家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・ 家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・
    家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・ 都会... 4,388ビュー
  • マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか? マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか?
    マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっている... 3,549ビュー
  • 媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説! 媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説!
    媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説! 不動産取引に... 3,019ビュー
  • 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説!
    日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 「限界集落」とい... 2,582ビュー
  • 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です!
    路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! 毎年、... 2,497ビュー
  • 買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説 買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説
    買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説 ... 1,415ビュー
  • ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説 ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説
    ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説 今、中古住宅を購入... 1,258ビュー
  • のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは? のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは?
    のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは? 「のらえもん」という... 788ビュー
  • マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など
    マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など ... 711ビュー
  • 停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説! 停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説!
    停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説!... 673ビュー
  • 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき! 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき!
    築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき! ... 646ビュー
  • イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析! イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析!
    イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析! ... 622ビュー
  • おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説! おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説!
    おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説... 575ビュー
  • 最新記事
  • 野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析!
    野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析! 「野村不動産アーバン 2017/9/22
  • ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析!
    ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析! 埼玉と東京を中心と 2017/8/18
  • タワーマンションは高く売れる?失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ
    タワーマンションは高く売れる失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ 憧れのタ 2017/7/31
  • すまいValueの一括査定の評判を宅建士が分析!利用料は無料?
    すまいValueの一括査定の評判を宅建士が分析!利用料は無料? 家を売りたい時、 2017/7/3
  • サブリース契約とは?トラブルに発展?宅建士が売却のメリットと比較!
    サブリース契約とは?トラブルに発展?宅建士が売却のメリットと比較! 所有している 2017/6/30