2114
1847
HOME » 不動産売買査定会社一覧 » 日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析!
※この記事は約8分で読めます。

日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析!

日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析!
大和ハウスグループの不動産部門を担う日本住宅流通株式会社のサービスの特徴や評判を分析してみましょう。大和ハウスのグループ力を活用した一貫したサポートが注目されています。また、中古不動産の再販にも力を入れているようです。

1.日本住宅流通株式会社が運営する6つの事業

事業スタイルとして、6つの事業を運営しているのです。


日本住宅流通株式会社とは、大和ハウスグループの不動産部門であり、近畿圏・首都圏を拠点に新築や中古住宅の売買から賃貸、さらに事業物件まで幅広くサービスを提供しています。

1-1.さまざまなサービスでサポートする「個人仲介事業」
売主と買主との情報を繋ぐだけではなく、買い取り保証や提携ローンといった資金面でのサポートから設備関係の保証までトータルにサービスを提供しています。住宅を売却するのが初めてという方に適した営業スタイルといえるでしょう。

近畿圏・首都圏のみではなく北海道・東北といった地域への展開を含め、不動産需要の必要に応じて人材の育成や店舗展開を全国規模に広げています。不動産業界の上位進出のために不動産の仲介・買い取り・物件管理と一貫した体制でのワンストップサービスにより集客力を高めているようです。

1-2.スピーディーな取引を提供する「法人事業」
大和ハウスグループの信用と豊富な資金力により、法人向けの不動産売買についてサポートするのです。コンサルティングにより企画・提案から融資・資金調達、さらにはリフォームやコンバージョン(用途変更)などの物件価格アップのためのアドバイスを提供することで、事業パートナーとして法人事業の収益アップをはかっています。

賃貸物件の一括借上げにより転貸することで、物件オーナーの賃貸経営の負担を軽減するサブリースの提供など、大和ハウスグループの各部門による一貫したサポートを提供しています。法人事業のポイントといえるスピーディーなビジネス展開です。

1-3.リフォームにより再販する「マンション事業」
中古マンションを買い取って、リフォームにより再生して販売するという定型的なリサイクルを提供しています。そもそも、大和ハウスグループの分譲マンション販売代理店としての豊富な活動実績の強みがあるからです。

マンション以外のオフィスビルや社宅をコンバージョン(用途変更)することによりマンションとして再販するなど、物件に新たな付加価値を提供する事業を柱とした運営スタイルです。大和ハウスグループのネットワークを利用した不動産サイトで質の高いサービスを市場に提供しています。

1-4.大和グループの資金力を活かした「買い取り事業」
住宅の売却には、さまざまな事情が伴います。なかには、誰にも知られずに売却したいときや事象により早急な資金化が必要なときもあるでしょう。日本住宅流通株式会社では、売却査定から買い取りまで一貫したサービスによりサポートしています。

日本住宅流通株式会社の買い取りでは、老朽化により価格低下や売れ残りの可能性の高い物件でも早期に買い取り、リフォームやリノベーションにより買取販売します。大和ハウスグループの資金力により早急な資金化を可能にしているのでしょう。

1-5.連携したサービス体制による「建築事業
」 個人の住宅からオフィスビルまで、リフォームやコンバージョンにより資産価値の向上をはかり、市場の活性化をはかります。大和ハウスグループの連携したサービス体制により提供できるサービスです。

物件が古くても、利用できる物件を建て直すのは社会や環境にとって損質といえるでしょう。現在の物件をデザインだけではなく耐震や補強も含めて快適に利用できる物件に生まれ変わらせることで社会や環境にも優しいサービスといえます。

1-6.収益物件についてサポートする「賃貸管理事業」
入居者の募集から設備管理・集金管理に至るまで、賃貸経営の課題とされるすべてを任せることができます。賃貸管理として約15,000戸を超える管理実績により、安定した賃貸経営をサポートするパッケージです。

「一括借上げシステム」「管理代行システム」「入居斡旋」などをパッケージングしたサービスを提供しています。豊富な経験や信頼による安心をパッケージにしたサービスといえるでしょう。

日本住宅流通株式会社と他の人気査定サービスを一括で比較できるサービスがあるんです


日本住宅流通株式会社ほか、数十社と比較して簡単にwebで一括査定できるサービス、マンションナビが人気です。
マンションナビ紹介ページへ

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2.「スムストック住宅」の考え方

日本住宅流通株式会社では、中古住宅の流通に力を入れています。


中古住宅の流通の活性化をはかるために設立された「優良ストック住宅推進協議会」により安心を提供できる新しい査定基準を設けているのです。

優良ストック住宅推進協議会とは、大手住宅メーカー10社により、優良な中古住宅を流通させるために設立されました。設立理念は「住宅を建築して古くなれば壊す時代から、長くにわたり大切に住み継ぐ時代へ」というコンセプトになります。

日本住宅流通株式会社の運営スタイルである中古住宅の流通促進のためには、スムストック住宅のような優良中古住宅は、欠かすことのできない商品です。スムストックの考え方は、現在の住環境においてエコを意識した販売スタイルといえるでしょう。

2-1.「スムストック住宅」の条件
スムストック住宅とは、優良な中古住宅でなければなりません。長期に渡り品質を維持していく必要があります。そのために「住宅履歴完備」「長期点検メンテナンスプログラム」「新耐震基クリア」という条件が必要です。

・建物の状態を明確にする「住宅履歴完備」
新築したときの設計図、リフォームした場合の施工した場所や方法、定期点検の結果など住宅の情報が整理されて保存されていなければなりません。つまり、住宅自体の履歴が明らかであることが必要になります。

・快適な住宅を維持する「長期点検メンテナンスプログラム」
中古住宅を長く快適に利用するためには、定期点検により必要に応じた補修が実施されていなければなりません。スムストックの住宅は、50年以上の期間にわたり点検や補修する制度を設けた安心や快適性を維持した住宅です。

・もしものときのための「新耐震基準クリア」
スムストックは、1978年の宮城県沖地震を受けて1981年に改められた建築基準法の「新耐震基準」の要件をクリアした住宅です。地震の多い日本において最も重要なポイントだといえるでしょう。

2-2.「スムストック住宅」の査定方式
不動産売却においては、売却するために物件価格が査定されます。スムストック住宅の場合、従来の査定方式とは異なる3つのポイントがあります。スムストックの査定方式でれば、住宅によっては従来の査定方式に比べて500万円程度の高値が見込める場合があるのです。

・査定ポイント1
土地と建物は別々に売却査定されます。従来の方式であれば、土地と建物を総額で査定することが一般的でした。ところが、スムストックの査定の場合、土地と建物の価格が別々に表示されるので価格の妥当性が判断しやすくなるのです。

・査定ポイント2
一般的に売却査定する場合、構造と内装・設備を別々に査定するケースは少ないといえます。つまり、構造が頑丈であっても、内装・設備に応じた査定になるため評価されないことがあります。しかし、スムストックでは、構造と内装・設備を別々に査定するので構造自体の頑丈さを評価することができるのです。

・査定ポイント3
売却査定については、「スムストック住宅販売士」の資格を持つプロが評価するのです。一般的な住宅の工法などを把握することは難しいでしょう。しかし、スムストックでは、長く利用するためのさまざまな手法が講じられています。スムストックの工法などの知識を有する者の評価を義務付けているので適正に評価されるのです。

3.日本住宅流通株式会社のサービスの特徴

中古不動産の売却を検討されている方に応じたサービスを提供しています。


実績に基づいた、オリジナルの「不動産売却価格査定書」をもとに、「仲介による売却」「買い取り保証サービス付き仲介」「買い取りサービス」のサポートです。

3-1.高値売却を目指すなら「仲介」による売却方法
仲介とは、仲介契約を締結済みの依頼者に対して、仲介会社が契約の相手方を探して紹介するという仕組です。そして、両者の間で売買契約が成立した場合に限り、仲介会社が仲介手数料を受けとります。

仲介手数料は成功報酬となるので、売買契約が成立しなければ支払う必要はありません。なお、実務的には仲介契約といわれていますが、法律では媒介契約という名称です。仲介契約には3つの種類があります。

・他の会社にも仲介を依頼することができる「一般媒介契約」
仲介契約を依頼した不動産会社以外の会社にも仲介を依頼することのできる契約です。複数の会社に仲介を依頼することができるので、契約の相手方を探しやすいというメリットがあります。

しかし、仲介会社に依頼人に対しての業務報告が必要ないので仲介会社の販売活動がわかりにくいというデメリットがあります。さらに、国土交通省が指定している、ネット環境を利用して契約相手を探すために日本全国に展開している不動産サイト「指定流通機構」への登録義務がないため契約相手の探索の可能性が低くなるでしょう。

・他の会社に仲介を依頼することができない「専任媒介契約」
仲介契約を依頼した不動産会社以外の会社と仲介契約を結ぶことのできない契約になります。メリットとしては、仲介会社から2週間に1度以上、業務報告をしなければならないので、販売活動がわかりやすいといえます。

仲介会社が7営業日以内に指定流通機構に不動産情報を登録しなければなりません。ネット環境を利用することで多くの契約相手を探せる可能性があります。さらに、他の会社と仲介契約を結べないため仲介会社の積極的な販売活動が提供されます。

デメリットとしては、1社にしか仲介契約を依頼できないため、依頼した仲介会社の販売力に頼らざるを得ません。力のない仲介会社であれば、物件が売れ残ってしまうこともあるでしょう。

・専任媒介契約よりも拘束力の強い「専属専任媒介契約」
専任媒介契約よりも縛りの厳しい契約になります。専任媒介契約の場合、依頼者自身が探してきた相手と契約を結ぶことは適法なのですが、専属専任媒介契約の場合、依頼者自身が探してきた相手と契約を結ぶことさえ許されません。

専任媒介契約に比べて、業務報告の期間が1週間に1度以上と厳しくなり、指定流通機構への登録も5日以内とされています。依頼者に対する縛りが厳しい分、仲介会社に対する制限も厳しくなっているのです。

・仲介手数料の計算方法
仲介手数料の額は、取引が成立した物件の代金に一定の計算式をあてはめて手数料の上限を定めています。なお、仲介手数料は、法律により上限が定められているので下回ることは問題ありません。具体的な計算式は、下記のようになります。

取引が成立した代金の額 上限の計算式
200万円以下の場合 代金の額×5%
200万円超400万円以下の場合 代金の額×4%+2万円
400万円超の場合 代金の額×3%+6万円
(上記の計算式により算出した金額に消費税を加算)

3-2. 売れ残りの不安を解消する「買い取り保証サービス付き仲介」による売却方法
買い取り保証サービス付き仲介とは、たとえば住宅の住替えを検討しているとき、先に新居を購入するべきなのか、先に現在の自宅を売却するべきなのかで迷う方が少なくありません。

先に新居を購入したとすると、購入資金として、現在の自宅の売却代金を充当するのが一般的でしょう。しかし、新居を購入したにもかかわらす現在の自宅が売れなければどうなるのでしょうか?資金計画にリスクが生じるため不安な気持ちでの売却活動になりそうです。

しかし、先に現在の自宅を売却してしまうと、購入資金については目処が立つのですが、新居の購入が進まなければ自宅を引き渡した後の仮住まいが必要になるでしょう。さらに、仮住まいへの引っ越し費用も余計な出費です。

日本住宅流通株式会社の提供している買い取り保証サービス付き仲介を利用することでスムーズな住替えが可能になります。買い取り保証サービス付き仲介とは、仲介による売却活動によっても売れない場合に日本住宅流通株式会社自体が買主として物件を購入してくれるサービスです。

あらかじめ、売却できない場合の買い取り価格を提示しておき、万が一定めた期間内に売却できなければ、日本住宅流通株式会社が提示した価格で買い取ります。物件の売れ残りの心配が必要ないので売り急ぎによる価格低下を防ぐことが可能です。

買い取り保証サービス付き仲介のメリットとしては、先に買い取り価格を提示するため資金計画を立てやすくなります。新居の住宅ローンも買い取り保証サービス付き仲介を受けている場合には、融資が承認されやすくなるでしょう。

仲介により売却が決まれば、買い取り価格よりも高値になるのが一般的です。もちろん、日本住宅流通株式会社では、買い取り保証サービス付き仲介で定めた期間を有効に活用して仲介による売却を目指しています。

3-3. 早急な現金化が必要であれば「買い取りサービス」による売却方法
仲介での売却と買い取りによる売却は、一般的には、仲介での売却のほうが高く売ることができます。しかし、必ずしも高く売ることが売主のメリットにつながるとは限りません。売却時の状況に応じて、買い取りのほうにメリットが生じることがあります。

たとえば、急に資金が必要になり、1日でも早く現金化したいときや周囲に知られずに売却を進めたいときには、価格が多少低下したとしても買い取りを選択することでメリットが生じるといえます。

古くて需要の少ない物件の場合、仲介による売却活動では売れ残る可能性があります。何度も値下げをくり返すのであれば、買い取りサービスを利用したほうがメリットになるかもしれません。なせなら、買い取りサービスを利用した場合、仲介手数料が必要ないからです。

たとえば、代金額が3,000万円だとすると、仲介手数料は「3,000万円×3%+6万円=96万円」に消費税を加算した額になります。つまり、仲介の額と買い取りの額の差が100万円前後であれば、買い取りを利用したほうが取引はスムーズに進むでしょう。

日本住宅流通株式会社の買い取りサービスは、売却活動に要する時間が省略できるため早急な現金化が可能です。定休日を除いて最短9日という早さなので、現金化を急ぐ必要のある売主にはメリットのある制度といえます。

売却後のトラブルも回避することができます。一般的に売主には、売却後の建物や設備についてトラブルが生じた場合に責任が生じる場合があります。しかし、買い取りサービスの場合、買主が日本住宅流通株式会社になるため責任を負わないと取引が可能です。

買主が日本住宅流通株式会社なので、引渡し時に建物や室内リフォームなどの必要はありません。内外装や設備の不具合も修理することなく、そのままの引渡しでOKです。また、引渡しの時期も希望の日時を設定できます。

仲介とは異なり、売却のための活動は必要ないので広告なども不要です。周囲に知られずに売却を進めることができます。また、仲介のように購入希望者による見学もないので、清掃したり立ち会ったりという手間もありません。

相続による広大な土地や事業用の中古不動産など高額な物件の場合、価格が高くなるため、なかなか売れない場合があります。一般的には、売りにくいような物件であれば、買い取りサービスを利用することでメリットがある物件といえるでしょう。

3-4.資金不足に備える「買い換えつなぎローンサービス」
日本住宅流通株式会社が買い取り保証サービス付き仲介を依頼された場合には、買い換えつなぎローンサービスを提供しています。たとえば、保証サービスの期間中に自己資金が足りなくなったような場合に利用できるのです。

状況に応じて、融資額や融資条件についてサポートします。たとえば、買い換えの場合、購入した新居の代金支払日までに現在の自宅が売れそうもないときに一時的に「つなぎローン」としてサービスを提供しています。

3-5.売買の後も安心の「仲介保証サービス」
日本住宅流通株式会社では、検査実施後1年以内に引き渡された仲介物件につき、引渡しから2年間保証サービスを提供しています。

・瑕疵についての保証
雨漏り・木部の腐蝕・給排水管路・シロアリについての検査後、保証基準に適合していれば物件の引渡し後2年間について保証しています。保証額については、雨漏り・木部の腐蝕・給水管路について上限200万円の保証であり、シロアリについては上限50万円の保証です。

・設備についての保証
現場調査により約120項目の住宅設備を調査し、保証基準に適合している自然故障を2年間につき保証しています。製造後10年以下の機器については、修理などの限度額が10万円であり、製造後10年を超えた機器については、機器の種類に応じて限度額が2万円から6万円です。

4.日本住宅流通株式会社の「マンション売却」のポイント

日本住宅流通株式会社では、マンション売却においても実績を持ちます。


豊富な取扱い件数により、正確な査定額を提示することができるのです。ワンルームからファミリータイプまでのさまざまなデータを、独自のシステムにより査定します。

「グレイスロワ」「ソラシア」などの分譲マンションのブランドを持つ日本住宅流通株式会社は、売却のための独自のノウハウにより中古マンション売却にも強みを持ちます。自社マンション販売の経験から戸建て住宅とは異なる魅力をセールスすることができるのです。

売却を検討されるときには、さまざまな理由があるでしょう。買い換えの場合、早期の現金化を希望する場合、周囲に知られずに売却したい場合には、買い取りサービスによるスムーズな取引を提供しています。

大和ハウスのグループ力をバックに、売却する場合の建物・室内リフォーム付き売却や賃貸する場合の賃貸管理についてのアドバイスも提案しています。売る場合と貸す場合の両方に対応するサービスです。

リフォーム付き売却としては、売却を希望しているにもかかわらず取引が進まない物件に対してリフォームやリノベーションを施すことで付加価値を付けるのです。特に周囲に競合する売却物件が多い場合は効果的でしょう。

マンションを収益物件として所有されている方には、賃貸募集などをサポートする家賃保証付き賃貸のサービスを提案します。マンションのオーナーに対しては、売却活動と賃貸募集の両方のサービスを提供しています。売却すべきか賃貸すべきか、どちらにメリットがあるかを選択することができるのです。

5.日本住宅流通株式会社の評判

日本住宅流通株式会社の評判を分析するときに有効なのは実際に利用された方の評判や口コミでしょう。個人の意見とはいえ参考にはなるはずです。

評判や口コミによる評価としては、やはり大和ハウスグループの実績や信用に基づいた営業スタイルを評価するコメントが少なくありません。サポートがしっかりしたスムーズなサービスが提供されているようです。

買い取り保証付き仲介などの買い取りサービスについても評価されています。やはり、不動産という高価な商品の取引については、安心を提供できるサービスが高い評価をうけるのでしょう。

地元に密着した販売活動でも評価を得ています。各戸チラシや折込チラシにより、地元を拠点網にした丁寧な営業が行われているようです。不動産サイトへの広告掲載からチラシ配布まで幅広い活動で売却をサポートしています。

スムストック住宅についての取引をメインにした優良な中古住宅の提供は、社会的な貢献度も併せて評価されるところです。買主が安心して購入することのできる住宅という安心感の定着が、売主にとって売却を進めやすくするポイントになるのでしょう。


中古不動産の再販にも力を入れているようです。

住宅の再販に力を入れるという社会的貢献度の高い運営スタイルは、日本住宅流通株式会社の高評価の対象になるといえます。社会問題化されている「空き家問題」に対する解決策のひとつとして特筆できるのではないでしょうか?

日本住宅流通株式会社と他の人気査定サービスを一括で比較できるサービスがあるんです


日本住宅流通株式会社ほか、数十社と比較して簡単にwebで一括査定できるサービス、マンションナビが人気です。
マンションナビ紹介ページへ

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。


2114
1847



人気記事
  • コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析!
    コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! 株式会社コ... 1,730ビュー
  • ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析! ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析!
    ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析! ... 1,727ビュー
  • 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析! 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析!
    東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析! ... 1,623ビュー
  • エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析!
    エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! 「日本エスリード株式... 1,563ビュー
  • ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析! ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析! ... 1,190ビュー
  • 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介
    積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介 ... 1,116ビュー
  • オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説! オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説!
    オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士資格者が解説! オークラ... 754ビュー
  • カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析! カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析!
    カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析! 家を売りたいとき、一... 599ビュー
  • おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説! おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説!
    おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説... 575ビュー
  • 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える
    大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士資格者と考える ... 548ビュー
  • 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんという... 541ビュー
  • ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説! ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説!
    ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説! 中古住宅の売却に注視して、不... 503ビュー
  • ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析! ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析!
    ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析! 兵庫・大阪エ... 497ビュー
  • 三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析! 三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析!
    三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析! 銀行系の三井住... 442ビュー
  • 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説
    住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士資格者が解説 マンションを購... 440ビュー
  • 最新記事
  • 野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析!
    野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析! 「野村不動産アーバン 2017/9/22
  • ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析!
    ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析! 兵庫・大阪エリア 2017/8/21
  • ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析!
    ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析! 埼玉と東京を中心と 2017/8/18
  • 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんという不動 2017/7/28
  • イエカレ一括査定の評判を宅建士資格者が分析!土地活用も人気?
    イエカレ一括査定の評判を宅建士資格者が分析!土地活用も人気? 不動産を売却すると 2017/7/15