2115
1847
HOME » 不動産に関する知識 » 競売回避する方法~任意売却相談センターが力になる?!宅建士資格者が解説!
※この記事は約3分で読めます。

競売回避する方法~任意売却相談センターが力になる?!宅建士資格者が解説!

住宅ローンの滞納,
税金の滞納で
不動産が競売に?

競売や任意売却というコトバを聞くことがあります。なんとなく理解はできているのですが詳しくはわからないという方が多いでしょう。競売や任意売却の意味や流れについて解説します。また、任意売却相談センターとは、どのような組織なのでしょうか?

1.競売とは?

競売情報は公になるためプライバシーにかかわるクマ!!!


競売の意味は、ご存知でしょうか?簡単にいうと、債務(借金)のため、所有者の売却の意思にかかわらず不動産が売られてしまうことです。そして、売った代金で債務を清算します。一般的に、その後の人生は暗いものになるでしょう。

なぜなら、競売の場合、売値は安く買い叩かれることになります。競売情報は公になるためプライバシーが侵害され精神的なダメージを受けることもあるでしょう。そして、自宅が競売された場合は、住むところさえなくなるかもしれません。
なんとか回避したいものです。そもそも、どうすれば競売されるようなことになるのでしょうか?理由がわかれば、防ぐことができるかもしれません。決まってしまった競売を回避するよりも、最初から競売にならないようにするほうが賢明です。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2.競売になる代表的なパターン

住宅ローンの滞納で競売にかけられるクマか???


競売になる理由には、さまざまなものがあります。たとえば、「住宅ローンの滞納」や「税金の滞納」などです。つまり、支払わなければならないお金を支払うことができないときに競売という厳しい処分が下されるのです。

2-1.住宅ローンの滞納
住宅を購入するときには、住宅ローンを組むのが一般的です。しかし、的確な返済計画にもとづき借入れをしたとしても、人生何が起こるかわかりません。ある日突然リストラされ収入がなくなることもあれば、事故や病気で出費が増えることもあります。金融機関も貸したものは、確実に返してもらわなければなりません。そのために借入れをした人の不動産に抵当権(※1)という担保を設定させます。「返さなければ売っちゃうよ」というプレッシャーにより返済を強要するのです。
※1 抵当権…お金を貸し出すとき、返済が滞ったときのために借入者の不動産などに抵当権という担保を設定させます。返済できなければ、その不動産を競売にかけ競売代金から強制的に返済させることのできる権利です。

具体的には、3カ月以上滞納が続くと、契約している分割払いができなくなるのです。一括で返済するように要求されます。分割で支払えないものが一括で支払えるわけがありません。すると、金融機関が裁判所に競売を申立てるのです。そして、裁判所から借入れた人のところに競売開始決定通知書が届きます。

2-2.税金の滞納
たとえば、住宅ローンの返済自体は順調でも、固定資産税のような税金を滞納した場合、不動産が差し押さえ(※2)られます。すると、金融機関は、保証会社に代位弁済(※3)の依頼をするのです。そして、代位弁済した保証会社がその後の手続を進めます。

※2 差押さえ…国の力により、不動産などの財産を勝手に処分できないように確保すること。一般的に競売などの前の段階の措置になります。
※3 代位弁済…住宅ローンの返済ができない場合に、金融機関は、借入額を保証している保証会社に返済させます。そして、保証会社が金融機関に代わって債権者になり、借入者に返済請求する制度です。


保証会社が金融機関に代わって裁判所に競売を申立てます。やはり、裁判所から借入れた人のところに競売開始決定通知書が届くのです。
やはり、支払うべきものは支払うのが、トラブルを生じさせないためには一番の対策です。しかし、理解はしていてもトラブルことはあるでしょう。先のことはわかりません。誰でも競売をかけられる可能性はあるのです。

3.競売を回避するための方法

回避には任意売却という方法があるクマよ!


たとえば、リストラにより住宅ローンの返済が滞ってしまって、裁判所から競売開始決定通知書が届きました。「これで、終わった…」のでしょうか?諦めてはいけません。競売を回避する方法があるのです。
本来、競売を回避しなくても、金融機関から借入れている額よりも高く売却できるか、返済資金の都合がついていれば、それはそれで解決します。しかし、それができないから、競売のピンチに落ちいっているのでしょう。
そこで、現実的な方法として「任意売却」という手段があります。任意売却とは、不動産コンサルタントや弁護士といった不動産に対するプロフェショナルが金融機関と債務者の間に入って調整をしてくれるのです。

4.任意売却を利用することのポイント

競売ではなく普通に売り出せるクマよ!!


任意売却にすると、あくまで任意なので債務者の意思による売却になります。つまり、競売ではなく普通に売り出せるので、不動産価格を市場価格で売却することができるのです。競売のように買い叩かれずにすみます。
手続の費用も不要です。任意売却に必要な費用については、物件の売却額で清算するので、負担することもありません。競売の場合だと、落札までの損害金についても負担しなければならないケースがあります。
任意売却で、競売にかけられるより高く売却できたとしても、まだ借金が残った場合、借金の返済計画を相談することができます。一般的に、日々の暮らしに支障をきたさない範囲の返済額になるようです。
プライバシーについても保護されます。競売のように裁判所の職員や不動産会社の社員が押しかけることもないので、精神的なダメージを受けることも少ないでしょう。自分のペースで売却から引っ越しまでを計画することができるのです。
任意売却であれば、金融機関との調整により引っ越し代を確保することもできます。自宅を売却するということは、当然引っ越さなければなりません。引越し費用を自宅の売却代金から受け取ることができるのです。

5.まず任意売却相談センターに相談

任意売却に対して豊富な実績を持つスペシャリストがいます!!


任意売却相談センター
で相談しよう!!

任意売却相談センターという社団法人があります。相談料やコンサルタント料を支払うことなく、任意売却に対して豊富な実績を持つスペシャリストが対応してくれます。個々の債務者の実情に応じたアドバイスを受けることができるのです。
相談料が無料にもかかわらず、納得のいくまで何度でも相談できるシステムと、任意売却だけではなく、その後のサポートも受けられます。さらに、プライバシーの保護にも最善の注意を払うことを「3つのお約束」として運営されています。
相談員も弁護士や司法書士といった資格所有者などで固めているため安心感があり、相談件数からみても高い実績を上げているといえます。いざというときに利用できる組織だといえそうです。

競売にいたる過程や競売を回避するための手段である任意売却について解説しました。競売にならないように計画性のある支払方法を検討することが大切なのは言うまでもありません。しかし、競売の気配が漂えば任意売却相談センターを思い出してください。

 

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。


2115
1847

HOME » 不動産に関する知識 » 競売回避する方法~任意売却相談センターが力になる?!宅建士資格者が解説!
※この記事は約3分で読めます。




人気記事
  • 既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説! 既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説!
    既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説! 既存住宅瑕疵保険... 5,769ビュー
  • 地上げ屋とは?宅建士が解説!対策方法はある? 地上げ屋とは?宅建士が解説!対策方法はある?
    地上げ屋とは?宅建士資格者が解説!対策方法はある? 「地上げ屋」というコトバ... 5,766ビュー
  • 家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・ 家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・
    家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・ 都会... 4,457ビュー
  • マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか? マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか?
    マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっている... 3,707ビュー
  • 媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説! 媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説!
    媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説! 不動産取引に... 3,161ビュー
  • 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説!
    日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 「限界集落」とい... 2,704ビュー
  • 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です!
    路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! 毎年、... 2,557ビュー
  • 買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説 買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説
    買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説 ... 1,540ビュー
  • ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説 ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説
    ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説 今、中古住宅を購入... 1,292ビュー
  • のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは? のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは?
    のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは? 「のらえもん」という... 835ビュー
  • マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など
    マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など ... 724ビュー
  • 停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説! 停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説!
    停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説!... 696ビュー
  • 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき! 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき!
    築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき! ... 671ビュー
  • イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析! イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析!
    イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析! ... 653ビュー
  • おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説! おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説!
    おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説... 597ビュー
  • 最新記事
  • 野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析!
    野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析! 「野村不動産アーバン 2017/9/22
  • ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析!
    ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析! 埼玉と東京を中心と 2017/8/18
  • タワーマンションは高く売れる?失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ
    タワーマンションは高く売れる失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ 憧れのタ 2017/7/31
  • すまいValueの一括査定の評判を宅建士が分析!利用料は無料?
    すまいValueの一括査定の評判を宅建士が分析!利用料は無料? 家を売りたい時、 2017/7/3
  • サブリース契約とは?トラブルに発展?宅建士が売却のメリットと比較!
    サブリース契約とは?トラブルに発展?宅建士が売却のメリットと比較! 所有している 2017/6/30