2115
1847
HOME » 不動産に関する知識 » マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など
※この記事は約3分で読めます。

マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など

マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など
マンションで暮らしていると、音が気になりませんか?騒音とは、周囲から迷惑を受けることもあれば、与えることもあります。音とは、いったん耳につくとなかなか離れません。暮らしのなかでストレスを溜めないよう騒音に対する対策をご紹介しましょう。

1.音には種類があります

騒音の元となる音。音には種類があるのです。


ひと口に音といっても、さまざまな種類があります。近くで行われている建設工事の騒音やマンションの前面道路から聞こえる車の走る音、また、どこからともなく聞こえてくるピアノの音色や、たぶん上階からであろう振動のある音…。気にしだしたらキリがありません。

しかし、日々の暮らしにおいて、聞きたくない音は、防ぐことが穏やかに暮らすためには必要なのではないでしょうか?また、周囲へ迷惑をかけないこともマンションで暮らすうえでは大切なことです。

そこで、騒音対策を考えるときのポイントとして、騒音には種類があり、その種類に応じた対策があるということを理解することからはじめましょう。騒音は、大きくわけて「空気を伝わるもの」と「建物を伝わるもの」にわかれます。

・空気を伝わる騒音
リビングや居室でくつろいでいると、マンションの外側から、さまざまな音が聞こえてきます。車の走る音、隣家の話し声やピアノの音、ときには酔っ払いの騒ぐ声なども聞こえてくるでしょう。このように建物の外側からの音が空気を伝わって聞こえる場合が「空気を伝わる騒音」になります。

・建物を伝わる騒音
上階の部屋から大きな物を落としたような振動をともなう音が聞こえることがあります。子どもがソファーやベッドから飛び降りた音が聞こえるようなケースです。また、キッチンにいると、なぜか金属音のような音が聞こえる場合があります。これは、配管によるものでしょう。各フロアーをつないでいる配管が音までつなぐことがあります。このように、建物内の壁や床、配管などを通して伝わってくる騒音が「建物を伝わる騒音」になるのです。

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2.騒音の種類に応じた対策

2.騒音の種類に応じた対策
騒音には、その種類に応じた対策を講じないと効果が発揮されません。騒音対策としては窓・壁・床の3つがポイントといるのです。たとえば、建物の外部から聞こえる空気を伝わる騒音に対しては窓がポイントになり、隣の部屋から聞こえる話し声に対しては壁がポイントになります。そして、上階の部屋から聞こえる振動をともなって建物を伝わる騒音に対しては床がポイントになるのです。

・窓の遮音対策
外部からの騒音を遮音するためには、窓の構造の遮音性能を高めるのが効果的です。一枚窓では遮音効果は望めないでしょう。窓の遮音対策としては、内窓を設置した二重窓があります。窓以上にサッシ部分から音が進入することが多いので、サッシごと二重にすることで外部からの騒音を防ぐことが可能です。

それほど大きくない音であれば、遮音カーテンを設置することで防げる騒音もあります。


・壁の遮音対策
マンションの場合、一般的に壁の厚みが15cm以上あれば、日常生活においてお隣の音が気になるようなことはないでしょう。しかし、15cmを切るようであれば、大きな声や物音が聞こえてくるかもしれません。

遮音壁は、お隣から聞こえてくる話し声やピアノの音などに効果を発揮します。また、室内からお隣に音が漏れることも防ぐので、プライバシーやマナーについても効果的です。施工には、工事を必要とするものもありますが、石膏やガラス繊維などの商品であれば自分で簡単に設置することもできます。

また、加工しやすい遮音シートもありますので、必要な場所に応じて必要な範囲で設置することが可能です。

窓や壁の遮音についての性能表示は、「D-○○」という表示方法を使用しています。D-以降の数字が大きいほど遮音効果が高いのです。Dの意味はデシベルであり、D-60の場合であれば外部からの音を60デシベル小さくすることができるということになります。

具体的に一般家庭で聞こえる大きな音として、ピアノやギターといった楽器を演奏する音やオーディオのボリュームを上げた状態がどの程度聞こえるかを表にしました。

性能表示 楽器やオーディオなどの大きな音
D-60 ほとんど聞こえない
D-55 かすかに聞こえる
D-50 少し聞こえる
D-45 聞こえる
D-40 それなりに聞こえる
D-35 よく聞こえる
D-30 大変よく聞こえる

一般的にマンションでの遮音性能は、D-40からD-55くらいになるようです。つまり、大きな音であれば、「それなりに聞こえる」から「かすかに聞こえる」の範囲になります。

・床の遮音対策
マンションでは、上階の部屋からの音も気になります。しかし、マンションは、コンクリートで施工されている場合が多いので、音の原因が必ずしも上の部屋からとは限りません。なぜなら、コンクリートとは意外に音を伝えやすいのです。上の部屋の足音だと思っていたのが、実は斜め上の部屋のものであることもあります。

とはいえ、各部屋の住民が遮音に注意することにより、騒音トラブルを避けることができるのは言うまでもありません。まずは、自分の部屋の床の遮音対策をすることからはじめるのが、下の階の住民と上手くやっていくコツでしょう。

3.騒音には二種類の音がある

下の階の迷惑になる音としては、2通りの種類があります。ひとつ目は、床にスプーンのような小さなものを落とした場合に聞こえる「軽量床衝撃音」です。「コツーン」と響くような音になります。そして、ふたつ目が、子どもが走り回ったり、ベッドから飛び降りたりした場合に聞こえる「重量床衝撃音」です。「ドン」という振動のある音になります。

「軽量床衝撃音」を防ぐ効果は、床の仕上げ材が影響します。遮音効果の高い順に、カーペット>遮音フローリング>一般的なフローリングとなります。カーペットであればスプーンを落としても音が響かないのはイメージできるでしょう。

「重量床衝撃音」の遮音効果は、床の材質と重さが影響します。材質は固く重いほど遮音性能を発揮することになるのです。マンションでは、床に使用されるコンクリートスラブが厚ければ厚いほど遮音効果が高くなります。マンション選びの段階で確認しておく必要がありそうです。

床の衝撃性能は「L-○○」とういう表示方法になります。L-以降の数字が少ないほど遮音効果が高いのです。

具体的に、一般家庭で、軽量床衝撃音や重量床衝撃音による感じ方を表にしました。

  軽量床衝撃音 重量床衝撃音
L-40 ほとんど気にならない 気にならない
L-45 少し気になる まず気にならない
L-50 気になる ほとんど気にならない
L-55 かなり気になる 少し気になる
L-60 たいへん気になる 気になる

マンションでは、L-40くらいの騒音対策ができていると、周囲に気兼ねすることなく暮らすことができます。しかし、L-60くらいになるとトラブルの臭いがしてくるでしょう。まずは、カーペットを引くことにより軽量床衝撃音を防ぐことからはじめてください。

マンションのような上下左右に他人が暮らす場所では、小さな子どもがいると周囲に気を使います。しかし、マンション選択時に遮音性能を確認することで余計な心配が不要になるでしょう。そして、騒音の性質を知ることで対策を講じることもできるのです。

 

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。


2115
1847

HOME » 不動産に関する知識 » マンションの騒音伝わり方、苦情にならないための対策、子供の場合の対策など
※この記事は約3分で読めます。




人気記事
  • 地上げ屋とは?宅建士が解説!対策方法はある? 地上げ屋とは?宅建士が解説!対策方法はある?
    地上げ屋とは?宅建士資格者が解説!対策方法はある? 「地上げ屋」というコトバ... 5,922ビュー
  • 既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説! 既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説!
    既存住宅売買瑕疵保険とは?費用や保険料についてFPが解説! 既存住宅瑕疵保険... 5,901ビュー
  • 家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・ 家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・
    家が売れない場合どうなる?最終手段はどうする?田舎ほど厳しい・・・ 都会... 4,531ビュー
  • マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか? マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっているのか?
    マンションのベランダでタバコの喫煙は苦情が多い?法律ではどうなっている... 3,846ビュー
  • 媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説! 媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説!
    媒介契約書とは?ひな形や印紙の貼り方などを宅建士資格者が解説! 不動産取引に... 3,307ビュー
  • 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説!
    日本の限界集落一覧、移住を考えても売れない?宅建士が解説! 「限界集落」とい... 2,848ビュー
  • 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! 路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です!
    路線価の実勢価格とは?土地の価値を知る上で重要な項目です! 毎年、... 2,610ビュー
  • 買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説 買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説
    買い付け証明とは?不動産売買における買付証明書の雛形など、宅建士資格者が解説 ... 1,653ビュー
  • ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説 ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説
    ホームインスペクター(住宅診断士)とは?難易度などを解説 今、中古住宅を購入... 1,328ビュー
  • のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは? のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは?
    のらえもんのブログ、不動産ブログ業界の重鎮?正体とは? 「のらえもん」という... 919ビュー
  • 停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説! 停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説!
    停止条件と解約条件の違いとは?不動産売買で損をしないためのポイントをFPが解説!... 717ビュー
  • 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき! 築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき!
    築30年マンションの資産価値を考える、寿命がくる前に売却すべき! ... 710ビュー
  • イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析! イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析!
    イエステーションで不動産買取!口コミと評判、店舗情報を宅建士資格者が分析! ... 683ビュー
  • おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説! おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説!
    おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説... 640ビュー
  • 土地の権利書を紛失した際の再発行や見本を宅建士資格者が解説! 土地の権利書を紛失した際の再発行や見本を宅建士資格者が解説!
    土地の権利書を紛失した際の再発行や見本を宅建士資格者が解説! 土地を売... 434ビュー
  • 最新記事
  • 野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析!
    野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析! 「野村不動産アーバン 2017/9/22
  • ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析!
    ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析! 埼玉と東京を中心と 2017/8/18
  • タワーマンションは高く売れる?失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ
    タワーマンションは高く売れる失敗しない為の方法を口コミから宅建士と学ぶ 憧れのタ 2017/7/31
  • すまいValueの一括査定の評判を宅建士が分析!利用料は無料?
    すまいValueの一括査定の評判を宅建士が分析!利用料は無料? 家を売りたい時、 2017/7/3
  • サブリース契約とは?トラブルに発展?宅建士が売却のメリットと比較!
    サブリース契約とは?トラブルに発展?宅建士が売却のメリットと比較! 所有している 2017/6/30