2114
1847
HOME » 不動産一括査定サイト » 不動産売買査定会社一覧 » ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析!
※この記事は約8分で読めます。

ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析!

ウィル不動産販売に売却!評判と仲介手数料を宅建士資格者が分析!
兵庫・大阪エリアを拠点に不動産売買を展開しているウィル不動産販売の売却における仲介業務について、そのサービスの特徴や評判を分析します。
地域に密着した、さまざまな営業スタイルがセールスポイントになっているようです。

ウィル不動産販売と他の人気査定サービスを一括で比較できるサービスがあるんです


ウィル不動産販売ほか、数十社と比較して簡単にwebで一括査定できるサービス、マンションナビが人気です。
マンションナビ紹介ページへ

1.阪神間・北摂エリアで高い売却実績を持つウィル不動産販売

ウィル不動産販売は、本店のある兵庫県を中心に阪神間・北摂エリアの不動産に特化した地域密着型の不動産会社です。


地域に根付いた集客力は高く、売却実績として7,100件以上の契約実績を持ちます。

また、中古物件をリフォームなどより付加価値をつけて再販することに強みを持ちます。買取りからリフォームまでをワンストップで提供することにより、交渉やローンの手間を省略しています。

阪神間・北摂エリアにおいて、多くの購入希望者を集客しているところも特徴です。購入希望者の集客力が、高い売却実績につながっています。では、なぜ集客力を高めることができるのでしょうか?

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

2. 購入希望者を集客する3つのサポート

ウィル不動産販売では、阪神間・北摂エリアで仲介による売却実績を高めるため、購入希望者に「仲介手数料キャッシュバック」「物件検索サイト」「マンション大全集」の3つのサポートを提供しています。


2-1.お得に購入することができる「仲介手数料キャッシュバック」のサービス
仲介手数料キャッシュバックとは、サービスの質を落とすことなく、節約できたコストを還元するサービスになります。具体的には、平日に限定して物件の購入活動をする購入希望者に対して、仲介手数料を30%値引きするサービスです。

仲介手数料とは、購入費用の中でも思いのほか高い比重を占めます。仲介手数料の計算は、次の計算式により算出した額に消費税を加算した額を上限として支払わなければなりません。仲介による取引が成立したときの成功報酬になるのです。

購入する物件の代金が
・200万円以下の場合…代金の額×5%
・200万円超400万円以下の場合…代金の額×4%+2万円
・400万円超の場合…代金の額の3%+6万円

たとえば、購入代金が3,000万円だとすると、仲介手数料として、仲介会社に対して「3,000万円×3%+6万円=96万円」に消費税を加算した額を上限に支払わなければならないのです。

3,000万円の物件に対して100万円程度の仲介手数料が必要になるのです。仲介手数料というのは、仲介の取引において不動産会社が得ることのできる唯一といえる報酬なので、上限を請求されるのが一般的です。

とことが、ウィル不動産販売では、平日に限って物件を探す購入希望者であれば、30%割引してくれるのです。3,000万円の物件であれば30万円程度の割引になります。平日の営業の稼働率を高めることで発生する利益を買主に還元しているのです。

2-2.地域限定の情報量の多い「物件検索サイト」を運営
ウィル不動産販売が営業基盤としている阪神間・北摂エリアに限定した物件検索サイトを運営しています。地域に特化した物件検索サイトのため、それぞれの物件に対して質の高い情報が提供できるのです。

検索のテーマについても新築・中古の別だけではなく、リノベーション住宅やデザイナーズ住宅のような細かなテーマ分けです。眺望アリやペット可のテーマまで選択の幅が広げられています。

さらに、写真・周辺施設・物件説明・地域情報・相場情報・口コミなどが豊富に提供されています。他サイトに比べて、情報量の多さは定評があり、わかりやすさや利用のしやすさが高い評価を得ているようです。

2-3.マンションに特化したサイトである「マンション大全集」を運営
阪神間・北摂エリアで分譲されたマンション情報が提供されています。その数6,000棟におよぶ量です。マンション情報については売出し物件に限らす詳細な情報を閲覧することができます。

マンション大全集を利用することのメリットは、購入したい住まいのイメージを売り出されているかどうかにかかわらず探すことができます。希望のマンションが売り出されていない場合でも売出し情報を待つことが可能です。

参考取引価格帯として、過去の販売価格を算出しているので、予算の範囲内かどうかを判断することができます。過去のデータにより、おおよその価格相場を把握することができ、資料請求で、さらに詳しい情報を知ることもできるのです。

口コミ情報も豊富なため、取引成立後の生活にも役立つでしょう。周辺住民や契約者以外にも、取材した店舗の方やメルマガ購読者の方からの、さまざまな口コミが提供されています。

3.ウィル不動産販売の売却サービスの特徴

ウィル不動産販売では、売却のポイントとして、購入希望者を増やすためのサービスを購入希望者に提供しているのは上記の通りです。さらに、売却希望者に対しても、さまざまなサービスを展開しています。


3-1.ウィル不動産販売の売却の流れにおけるサービス
まず、売却を希望するときには、売却の流れを理解していなければなりません。流れの中で、それぞれの段階に応じたサービスを提供しています。

・売却相談
不動産を売却することになれている方は、ほとんどいないでしょう。誰もが不安や疑問を持っています。そこで、ウィル不動産販売では、不動産の売却時に必要な費用や法律・税務についての心配を解消するために無料で相談に応じています。

・調査や価格査定
物件の無料調査により価格査定書を作成します。不動産の売却や買換えを検討されている場合には、売却希望物件がいくらくらいで売却できるのかを知ることが重要です。価格査定だけではなく、その後の売却や買換えについて提案しています。

・売出し価格の決定
査定書により算出された査定額を参考にして、売出し価格を決定します。売出し価格の決定については顧客の意思にそった方向で、最適な売出し価格・売出し時期・売出し方法を提案するのです。

・媒介契約
一般的には仲介契約といわれる媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。それぞれの契約に特徴があるので、特徴に応じた媒介契約を結ぶことになるでしょう。

「専属専任媒介契約の特徴」
複数の不動産会社と重ねて媒介契約を結ぶことができません。
依頼者自身が見つけた購入希望者と取引することができません。
不動産会社は契約締結後5日以内に指定流通機構(※)に物件を登録しなければなりません。
依頼者に対して1週間に1度以上の業務報告が必要です。

「専任媒介契約の特徴」
複数の不動産会社と重ねて媒介契約を結ぶことができません。
不動産会社は契約締結後7日以内に指定流通機構に物件を登録しなければなりません。
依頼者に対して2週間に1度以上の業務報告が必要です。

「一般媒介契約の特徴」
複数の不動産会社と重ねて媒介契約を結ぶことができます。
依頼者自身が見つけた購入希望者と取引することができます。
不動産会社は指定流通機構に物件を登録する義務がありません。
依頼者に対しての業務報告は必要ありません。

※ 指定流通機構とは、「レインズ」と呼ばれる、不動産情報を共有するためのシステムです。レインズに情報を登録すると、全ての不動産会社に共有されるため取引相手を探しやすくなります。

・売却活動
ウィル不動産販売では、ホームページ・住宅サイト「SUUMO」・スーモマガジン・新聞折込みチラシ・ダイレクトメールなどの媒体を積極的に活用することで売却を推進します。周囲に知られることなく売却を進めたい方の場合は、限定した広告で対応可能です。

・購入申込みや契約条件の調整
購入希望者からの購入申込みがあれば、ウィル不動産販売が間を取り持ちます。売却価格や引渡しの時期などの条件について調整します。売主と買主が直接交渉することはないので安心して取引することが可能でしょう。

・売買契約
売主と買主が条件面で合意に至れば、売買契約書面に署名・捺印します。この時点で、売主は買主から手付金を受け取ることになるのです。

・残代金の受取りと物件の引渡し
指定された時期に買主から売主に対して残代金が支払われます。そして、登記所への所有権の移転の手続や不動産の引渡しが完了するのです。

3-2.売却を成功させるためのコツ
ウィル不動産販売では売却を成功させるため、少しでも高く、少しでも早く売却できるポイントを「売却成功の五カ条」としてホームページに掲載しています。効果的な売却方法なので参考にしてください。

・売出し価格は査定価格に基づいて検討
不動産を売却するときには、誰もが少しでも高く売りたいと思うでしょう。しかし、売出し価格が相場と比較して高すぎる場合には、購入希望者からの問い合わせがないケースが多いのです。

不動産の売却には戦略が必要です。戦略の立て方は、あくまで査定価格に応じた戦略でなければなりません。査定価格との開きが大きければ、問い合わせのないので徐々に価格を下げないといけなくなります。

しかし、徐々に価格を下げるという方法は売却期間が長引くことになり、物件の鮮度が落ちてしまいます。取引を成功させるコツは、物件の売出し開始の新鮮なうちに売却を決めることです。

売出し価格を高く設定したからといって高く売却できるわけではありません。なぜなら、売却する側に物件情報が提供されているように、購入する側にも物件情報が提供されているからです。

・普段のメンテナンスやクリーニングがポイント
売出し価格が決まれば、販売活動に入ります。一般的に購入希望者は、購入の意思決定をする前に物件の見学をします。見学をするときは、価格については、おおよそ了解している場合が多く、後は見学時の印象で決まることが多いようです。

不動産に限ったことではないのですが、「見た目」の重要さは、いうまでもないでしょう。購入希望者のほとんどは、不動産についての知識がないといっても過言ではありません。つまり、見た目が与える印象が購入を判断するポイントになるのです。

見学時に最も気を付けなければならない場所は玄関でしょう。最初に見学する部分なので、印象を受けやすい場所だといわれています。玄関を清潔にして、靴などは下駄箱にしまうことで少しでも広く見せることに注意してください。

水周りも重要なチェックポイントといえます。水周りが汚れていると購入意欲が減少するという方が少なくありません。シンクや蛇口は、特に念入りに磨いておいたほうが購入意欲を高めるようです。

部屋の香りにも注意してください。見学前には、換気をして空域を入れ替えておきましょう。さらに明るさも大切です。各部屋の電気をつけて、明るさを演出することで好印象を与えることができます。

・費用を抑えたリフォームであれば効果的
不動産を売却するときに事前のリフォームをするメリットはあるのでしょうか?好みは人それぞれです。間取りを変更するような大掛かりなリフォームであれば、売主が施すよりも買主に任せるべきでしょう。

売却代金にリフォーム代が含まれているよりも、購入後買主自身でリフォームするほうがメリットになります。かりに売主がリフォームの費用として300万円を使ったとしても300万円を売却代金として回収することは難しいのです。

売却しやすくするためのリフォームであれば、有効な場合があります。たとえば、壁紙やカーペットの張替えで部屋の印象が大きく変わることがあるかもしれません。売れ残ることの損失を考えるなら、費用を抑えたリフォームを検討するのは効果があるといえます。

・積極的な広告活動で販売促進
積極的な広告活動が販売促進につながります。たとえば、子どもの成長により部屋が手狭になってきたので買換えを希望しているが、子どもの学校区は変えたくないという方も少なくありません。

近隣地域へのポスティングや新聞折込みチラシが思いのほか有効な場合があるのです。販売活動をスタートするということは、いつ購入希望者が現れても対応できる状態でなければなりません。急な見学にも応じられるようにしておくことも大切です。

・見学の購入希望者は「お客さま」であることの確認
何を販売するにしても購入する方は「お客さま」です。親切・丁寧を前提にした対応が必要です。しかし、あまり自宅をアピールするのは考え物でしょう。尋ねられた内容に丁寧に答える程度で対応してください。

原則として、見学場所は、建物すべてと考えるようにしてください。見学する方は、自分自身が使用するイメージで確認しているのです。充分に見学できなければ購入意欲の減少につながりかねません。

3-3.仲介による売却の手数料が成立時期により最大半額
仲介による購入の仲介手数料が30%割引されるのは、すでにご紹介しましたが、売却の手数料も割引されます。売却の場合の割引は最大で50%になります。つまり、仲介手数料が売買契約の成立時期により半額になるのです。

仲介手数料の割引は、1カ月以内に売買契約が成立したときには仲介手数料が半額になります。1カ月超2カ月以内に成立したときには33%の割引で、2カ月超3カ月以内に成立したときには6万円の割引です。

一般的に不動産取引の成立時期は3カ月程度といわれます。ウィル不動産販売の実績でも、3カ月以内に70%以上の物件の契約が成立し、40%以上の物件については、1カ月以内に契約が成立しています。

たとえば、売却代金が3,000万円の物件であれば、仲介手数料が約100万円になるので、1カ月以内に契約が成立した場合、50万円程度の割引になります。もちろん、仲介手数料を割引するからといって、サービスの質を低下させることはありません。

3-4.建物や設備の保証サービスが無料
ウィル不動産販売では、マンション、一戸建てにかかわらず、建物や住宅設備を検査します。さらに、建物や住宅設備について保証しています。

・建物や住宅設備の検査とは?
媒介契約締結時に「事前検査」を申し込むことでサービスを受けることができます。建物や住宅設備の検査とは、建物についてシロアリの被害や雨漏りがないかを検査することであり、住宅設備について給湯器やキッチンなどの不具合を確認することです。

・建物や住宅設備についての保証とは?
建物についての保証は、最長で1年間補修費用を保証します。最大で200万円までの保証です。住宅設備についての保証も、最長で1年間補修費用を保証します。1回の修理で最大10万円までの保証になります。

4.ウィル不動産販売の買取りサービス

ウィル不動産販売では、独自の査定基準により一般的な買取り価格よりも高値で買い取ることができます。その理由は、ウィル不動産販売が手がけているリノベーション(※)事業にあります。


4-1.ウィル不動産販売の買取りサービスの特徴
通常の買取りの場合、買い取った物件を査定価格により転売するため、買取り価格をできる限り抑える必要があるのです。ところが、ウィル不動産販売では、買い取った物件に対してリノベーションを施すことで、販売価格を向上させます。

社会のニーズに応じた付加価値をつけて販売するため、査定価格よりも高く売却することができるので、買取り価格も高く設定することができるのです。結果として、リノベーションにより価格が向上することが、買取り価格にも反映しています。

※ リフォームが改装などにより建物の価値を維持することを目的にするのに対して、リノベーションとは、用途変更や機能の刷新により建物の価値を向上させることを目標にしています。

4-2.ウィル不動産販売の買取りサービスのメリット
買取りサービスには、仲介による売却とは異なるメリットがあります。状況に応じては、買取りサービスを使用するほうが効果的なときもあるのです。

・購入希望者による見学がない
買い取りサービスの場合、ウィル不動産販売自体が買い取るため、購入希望者による見学がありません。見学には土日祝といった休日が多いため、せっかくの休日を見学のために自宅で待機している必要がないのです。

・契約が確実に履行できる
一般的に仲介による売却の場合、買主が「買主に住宅ローンの承認が得られない場合には契約を白紙にする」という特約がつけられます。買取りサービスの場合、このような特約が付かないため売却についてリスクを負うことがありません。

・周囲に知られずに売却できる
ウィル不動産販売自体が買い取るため、仲介による売却のように買主を探す必要がありません。そのため、広告をする必要がないので周囲の人に知られることなく売買契約を結ぶことができるのです。

5.ウィル不動産販売の提供する「中古×リフォーム」により古い建物でも売却

ウィル不動産販売では、古くて状態の悪い物件に対しても強みを持ちます。


なぜなら、購入希望者に購入する中古住宅とリフォームをセットにして提案しているからです。リフォーム専門チームが買主の要望に応じてプランを設定します。

5-1.中古×リフォームのメリット
たとえば、立地の良い物件とは、なかなか見つかりにくいものです。見つかったとしても建物が古くて購入意欲がわかないような物件であることが少なくありません。そこで、立地の良さを活かして、古さをリフォームすることでカバーするのです。

ウィル不動産販売の「中古×リフォーム」のプランニングであれば、物件の購入からリフォームのプラン、さらにローン手続までを一貫したトータルコーディネートで提供しています。

不動産会社とリフォーム会社を往復する手間や住宅ローンと金利の高いリフォームローンを別々に組む必要もありません。ウィル不動産販売では、リフォームにより予算がふくらむ心配もありません。予算を前提にトータルでコーディネートするのです。

5-2.中古×リフォームの具体例
購入希望者の好みに応じて「室内演出を中心にリフォームするプラン」「設備関係を新品にするプラン」「間取りも設備も刷新するプラン」などのリフォーム費用の異なるプランを設定します。

・室内演出を中心にリフォームするプラン
具体的には、予算が2,700万円だとすると、「室内演出を中心にリフォームするプラン」であれば比較的築浅の物件を購入した場合のプランといえます。物件価格2,400万円、リフォーム費用300万円のバランスです。

・設備関係を新品にするプラン
設備にこだわりがある方なら、「設備関係を新品にするプラン」を利用すると、物件価格を少し抑えて設備関係を充実させるプランを提供します。建物価格2,000万円、リフォーム費用700万円のバランスになります。

・間取りも設備も刷新するプラン
建物が少々古くても大丈夫です。「間取りも設備も刷新するプラン」の場合、リフォームによりまったく新しい空間に創りかえるプランになります。物件価格1,700万円、リフォーム費用1,000間円のバランスとなるのです。

6. ウィル不動産販売の評価

ウィル不動産販売の評価のポイントは、「地域に未着した営業スタイルによる集客力」「中古×リフォームプランによる集客力」「仲介手数料の割引による集客力」という3つの集客力が欠かせません。

6-1.地域に未着した営業スタイルによる集客力
地域限定の営業スタイルにより、詳細で丁寧なサポートができるのでしょう。ポスティングや新聞折込みチラシのような、地域限定のサービスを積極的に展開することで、地域に対する営業力強化をはかっています。

6-2.中古×リフォームプランによる集客力
中古住宅に対する豊富なリフォームプランを用意して販売することで、購入希望者を集客しています。購入希望者を増やすことが結果として中古物件の売却につながっているのでしょう。

6-3.仲介手数料の割引による集客力
他の不動産会社では、なかなか真似のできない仲介手数料の割引により集客しています。売主にも買主にも適用されるので、売却費や購入費の費用削減としては効果的なサービスといえます。


阪神間・北摂エリアに拠点を置くウィル不動産販売について分析しました。

地域に密着した丁寧な営業が展開されているようです。また、リフォームやリノベーションができるのも強みになっています。集客力の高い不動産会社といえそうです。

ウィル不動産販売と他の人気査定サービスを一括で比較できるサービスがあるんです


ウィル不動産販売ほか、数十社と比較して簡単にwebで一括査定できるサービス、マンションナビが人気です。
マンションナビ紹介ページへ

↓不動産一括査定で500万円高く売れたという事例も!↓
↓売却を検討しているなら一度チェック!↓

このページでわからない点があれば教えて下さい、不動産一括査定牧場のFPが確認後回答致します。


2114
1847



人気記事
  • コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析!
    コスモスイニシアの評判、売買での仲介実績は?宅建士資格者が分析! 株式会社コ... 1,730ビュー
  • ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析! ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析!
    ポラスの建売の評判とは?売却時の評価額はいかに?宅建士資格者が分析! ... 1,727ビュー
  • 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析! 東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析!
    東急リバブルの売却における評判、仲介手数料などを宅建士資格者が分析! ... 1,623ビュー
  • エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析!
    エスリードでの不動産売買での評判を宅建士資格者が分析! 「日本エスリード株式... 1,563ビュー
  • ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析! ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    ピタットハウスの不動産売買の評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析! ... 1,190ビュー
  • 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介 積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介
    積和不動産の評判、中古物件を売却する際の注意点を宅建士資格者が紹介 ... 1,116ビュー
  • オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説! オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士が解説!
    オークラヤ住宅での売却、評判や評価を宅建士資格者が解説! オークラ... 754ビュー
  • カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析! カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析!
    カチタスで買い取り!評判と口コミを宅建士資格者が分析! 家を売りたいとき、一... 599ビュー
  • おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説! おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説!
    おうちダイレクトとは?評判や失敗例、成約までの流れを宅建士資格者が解説... 575ビュー
  • 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える 大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士と考える
    大京穴吹不動産の売却での評判、高く売るコツを宅建士資格者と考える ... 548ビュー
  • 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんという... 541ビュー
  • ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説! ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説!
    ハウスドゥの売却での評判を宅建士資格者が解説! 中古住宅の売却に注視して、不... 503ビュー
  • 三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析! 三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析!
    三井住友トラスト不動産で売却!手数料や評判は?宅建士が分析! 銀行系の三井住... 442ビュー
  • 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説 住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士が解説
    住まいサーフィンの評判とは?人気や口コミを宅建士資格者が解説 マンションを購... 440ビュー
  • 大東建託で家を売る!評判や仲介手数料やメリットを宅建士が分析! 大東建託で家を売る!評判や仲介手数料やメリットを宅建士が分析!
    大東建託で家を売る!評判や仲介手数料やメリットを宅建士が分析! 賃貸住宅の「... 389ビュー
  • 最新記事
  • 野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析!
    野村の仲介+で不動産売却!評判や実績を宅建士資格者が分析! 「野村不動産アーバン 2017/9/22
  • ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析!
    ベストセレクトで不動産売却!仲介手数料や評判を宅建士が分析! 埼玉と東京を中心と 2017/8/18
  • 日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析!
    日本住宅流通株式会社で家を売る!評判や仲介手数料を宅建士資格者が分析! 大和ハウ 2017/8/7
  • 水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析!
    水戸大家さんで家を売る!評判や仲介手数料を宅建士が分析! 水戸大家さんという不動 2017/7/28
  • イエカレ一括査定の評判を宅建士資格者が分析!土地活用も人気?
    イエカレ一括査定の評判を宅建士資格者が分析!土地活用も人気? 不動産を売却すると 2017/7/15